Menu

料金・お薬提供までの流れ

Home

料金・お薬提供までの流れ

漢方・鍼灸治療の費用について

漢方・自然薬の例

<ご来店の場合>
当店には3つのメニューがございます。
漢方治療・漢方・鍼灸治療の併用・鍼灸治療
(初診・再診一律)
鍼灸治療のみ 1回5000円 鍼灸治療+漢方治療併用 1回3000円

<遠方の場合>
お電話で今のお困りの症状をお聞きし、気功を用い、漢方の種類・量を決めています。

メールだけでは、うまく症状を把握できないので、最初の問診はメールだけでなく、お電話でお願いしています。 トラブルの程度にもよりますが、1か月30.000~50.000円程度の中で、何パターンか提案しています。

最低限の提案
 (1か月30.000円程度の方が多いです。)

・より速く改善する提案
 (パターン1に、補助剤を加えたものが多いです。)

一番おススメの提案
 一番早く改善すると思われる提案。1か月50.000円程度の方が多いです。

・自律神経失調症相談の料金例
・めまい相談の料金例
・パニック障害相談の料金例

ご予算や飲み方などから、選んでいただけます。
お近くの方は半月分から、遠方の方は1か月分から試される方が多いです。提案する製剤の剤形にもよりますが、ある程度柔軟に対応できます。

1か月30.000円以下の提案も可能ですが、今までの経験から、1万円台など、金額を抑えすぎると効かせる補助剤を使うことができず、満足を得られる方が少ないようです。

提案後もお電話などで説明させていただきますので、ご安心下さいね。

大丈夫、体は少しずつ変わっていきますよ!

お薬提供までの流れ

※初めての方は、相談に1時間~1時間半位かかります。時間に余裕をもって、気を付けてお越しください。
※遠方でご来店が難しい方は、宅配漢方相談をご利用下さい。
  初回のご相談は無料です。無理に漢方をすすめることもありません。

1.電話・メールでご相談

メール

まずは、お電話(TEL:076-238-286)もしくは無料相談フォームよりお気軽にご相談ください。
じっくりお時間をとって問診させていただきますので、予約優先制となっております。

当店には3つの治療メニューがございます。
漢方治療・鍼灸治療+漢方治療併用・鍼灸治療
どのメニューが適当かは提案させていただきますね。希望のメニューがございましたら、初回相談時にお伝えください。

<遠方でご来店が難しい方>
HPの問診と同時に、ハガキに直筆の名前を大きく書いていただき、ばんき和漢堂薬局までお送りください。メールアドレスもお願いします。
(気功による証の判断に用います)
ハガキとHPの問診が届いた後、電話にて問診をさせていただきますね。
メール希望の方はメールでの問診も承ります。

HPの問診に住所やお名前、電話番号が抜けていることがあります。
連絡が取りづらくなりますので、忘れずご記入下さいね。

2.カウンセリング

カウンセリング

お困りの疾患についてだけでなく、食・生活習慣、過去の病歴、飲んでいる薬、または健康食品(お薬手帳でもOK) 、現在の体温や便通などについてお尋ねします。
不妊症・妊娠希望の場合は基礎体温表もお持ちくださいね。現在の表がない場合は、過去のものでも構いません。参考になるものがありましたらお持ちください。

普段の生活から体調不良の原因を一緒に探っていきます。なぜこの病気にかかってしまったのか、トラウマなども、もし話できるようでしたらお聞かせください。意外に簡単に解決する場合もあります。
私と話をしている間に、ご自分で不調の原因に気づく方もいらっしゃいますよ。

3.選薬

選薬

カウンセリングに基づいて、気功を用い、どのようなお薬が適しているか、はり・きゅう治療の必要性もあわせて、証(お薬)の判断を行います。
ご予算や服用回数などから、何パターンか提案しますので、お選び下さいね。

4.ご説明

ご説明

気功で判断した現在の状態、証から選薬したお薬のはたらきや服用方法、はり・きゅう治療、お薬をより効かせるための食事・生活のアドバイスを分かりやすく行います。

(遠方でご来店が難しい場合は、電話やメール、Faxでの提案となります。)

5.発送・次回のご予約

次回のご相談

ご相談の最後に、次回のご予約を取ることができます。

頻繁にご来店できる方は、薬の形態にもよりますが、半月分~1か月分の提案、遠方の方は1か月分の提案が多いです。

15000円以上の場合は万氣和漢堂にて送料を負担させていただきます。

6.よし。飲んでみよう!!

よし。飲んでみよう!!

漢方を飲んでみましょう。体質改善のはじまりです。
(無理には勧めたりはしません。)
体質改善は毎日の積み重ねです。漢方と、証に応じた食事・生活養生をできる範囲で実践していきましょうね。